怒りを制御できる人間だけが己の人生を制御できる。

そんな言葉が一番に思い浮かんだ映画。

何かに怒っている人もそうでない人も

見ておいたほうがいい映画です。

 

まだ見ていない人のために展開はできるだけ省き

感じたこと3つを書こうと思いますが

内容が予想できてしまう部分もあるかもしれません。

嫌な人はここで終わってくださいね。

 

 

「スリー・ビルボード」概要

7502b693816d763d

2017年・第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞するなど各国で高い評価を獲得したドラマ。

米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

娘のために孤独に奮闘する母親ミルドレッドをフランシス・マクドーマンドが熱演し、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルら演技派が共演。「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー監督がメガホンをとった。(以上、映画.comより)

 

 

ポイント1 怒りを手放すということ

この映画には

空回りし、後悔し、やり場のない怒りを抱える人達が

出てきます。見ていて心が痛くなる。

どうしたら救われるのか?

それを提示してくれるのは死期が近づいているある人物。

 

自分の死を見据えるとこんなにも「愛」が

前面に出てくるものなのかしら。

自分を敵視する者にも、

皆から厄介者と思われている者にも。

全てを許し、愛情を向けることが

できるものなのだろうか?

 

経験のない私に知る由もないけれど

この全てを許す愛がどうにもならない

怒りを抱える人達を変えていくんです。

怒りを手放そうとすることで

心に平安を取り戻していく登場人物の変化に

荒んだ世界に一筋の光を感じることができます。

 

怒りを制御する方法の一つを提案していると思う。

そんなに簡単にコントロールできるものではないのは

確かなんです。

この映画でもかなりの時間を費やしています。

それでも、やっぱり救われるには

許すしかない。

 

相手が悪いのに!自分は悪くない!正しい!

と声を荒げている間は心の平安を取り戻せない。

理不尽にも感じるんですけど

そこにしか道がないように感じます。

 

怒りを手放すこと。

「アンガーマネージメント」というキーワードで

書籍なんかも出ているほど

広まっている考えだとは思いますが

頭で分かっていてもなかなかできることではないですよね。

 

でもやっぱりそれしかないんだ。

そんなことを示してくれているように思いました。

 

ポイント2 それが最期の言葉になるかもしれない

人はいつ、どんな死に方をするかもわからない。

何気なくかけた言葉が

その人に向けた最期の言葉になるかもしれません。

 

誰もこんな緊張感を持ち続けて

生きることはできませんが

それでも忘れちゃいけない。

そう思わせてくれました。

 

映画では親子の売り言葉に買い言葉が

その例として出てくるんですけど

思ってもいない言葉を言ってしまったこと

誰にだってあると思います。

それを訂正できる保証なんてないんです。

 

息子が一番に思い浮かびましたが

誰に対しても後悔するようなことは

口にすまい、そう心に誓いました。

 

そして人生は有限であるからこそ

後悔ない生き方をしないとね!

本気で生きてる?そう問われたような気がします。

 

この死を想う緊張感が続かない問題は

平和ボケしている私にとっては難しいんですけど

こうやって、時折刺激を受けるしかないのかな。

 

 

ポイント3 目を覆いたくなる世界から希望を感じる不思議

ハッピーエンド

歌って踊ってラララララーな

映画が好きな私にとって

非常にストレスを感じる映画でした。

暴力シーンが辛く感じるから。

 

何回か目を背けましたし

耳を塞ぎたくなりました。

116分間、緊張が解けることはありませんでした。

展開が早く、引き込まれるので苦痛ではありませんでしたが。

 

そんな人の辛い部分を直視する映画なのに

観終わった後感じるのは一筋の希望。

辛い現実は目の前にあり続けるんだけど

どう生きるかは結局自分の心次第。

心のあり方が変わる時って

本人にとっては衝撃的に辛い現実が

立ち塞がる時かもしれないけれど

自分の中に誰かを思う「愛」が

少しでもあれば、いつだって変わることができる。

 

そういう人間の根底にある

誰にも汚すことのできない逞しさが

この映画から私が感じ取った希望です。

 

ちょっと疲れていたので気分転換に観た映画で

重そうだし、余計に滅入っちゃうかな?と

危惧していましたが、思いの外ガツンとやられました。

いい意味で。

 

ここには書いていない細かい部分も含め

非常によくできた脚本&キャスティングです。

気になった方は是非ご覧頂きたい。

上映館が知りたい方はこちらからどうぞ↓

「スリー・ビルボード」の上映館を検索 映画.com

 

パーティーなアクセサリーでエレガント&ゴージャスに

ポジティブエッジの夏目紘華でした。

 

 

京阪神zakkaマルシェ

【場所】阪神百貨店8階催場 雑貨店カナリヤ内

【期間】2018年2月7日(水)~14日(水)

【営業時間】 午前10時→午後8時

      但し最終日は17時までです。

      ご注意ください。

 

 

初個展、来春開催

2018年3月20日(火)~24日(土)

場所:雑貨店カナリヤ

〒530-0047 大阪市北区西天満4-5-2 老松ビル2F 201室
tel/fax 06-6363-7188
URL www.zakkaten-kanariya.com

 

  大人の女性のためのパーティーアクセサリー

ショップバナー


>>>ポジティブエッジのウェブショップ

すでにsold outのものも、材料が揃えば再度お作りすることも可能です。気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。

>>>お問い合わせフォーム

 

  あなたのためだけにアクセサリーをデザイン・制作しています。

現在オーダー受付中です。今ならお渡しは2月中になります。

上質な素材を使っていますしきっとご満足いただけると思います。

>>>オーダーメイドについて詳しくはこちら

>>>これまでのオーダーメイド作品ご感想まとめ

>>>オーダーメイドお申込みフォーム

 

  オーダーの前に似合うものを知りたい方には、パーソナルスタイリストとしてコンサルティングも承っております。

>>>パーソナルコンサルについて詳しくはこちら

>>>パーソナルコンサルお申込みフォーム

 

 スタイリングやアクセサリーを更新しています。

instagram_posiedge


>>>ポジティブエッジのinstagram

127/1000