アクセサリーに使われる素材について理解を深め、自分にあった選び方、使い方の参考になりましたら。

第一回は真鍮です。

 

 

一番の特徴は落ち着いた独特の風合い

 

真鍮は銅と亜鉛の合金で黄銅とも言われ、この配合の割合や与える熱によって色が変わります。

金のような美しい輝きを持つ金属です。

英語ではbrass(ブラス)といいます。ブラスバンドのブラスですね。

 

 

o0500033212607244384


 

これらは私が所収している真鍮パーツの一部。

パーツを作るメーカーとしては鋳造、加工が容易な素材らしく、様々なデザインがあります。

ただ工具を使っても手で曲げるには固く、真鍮パーツを使う制作が続くと手が痛くなりますね。

丈夫な素材と言えるでしょう。

 

左上のバングルは私物のアンティークブラスです。

真鍮はこのように使い込むうちに黒っぽく渋い色味に変化していくのが特徴。

ここは好みが分かれるところですね。

ずっとキラキラしていて欲しい、という方にはご満足いただけないかも。

重厚な存在感を放つ独特の個性として楽しめる方にはおすすめの素材です。

 

 

お似合いになるパーソナルカラータイプは?

 

真鍮はゴールド色の地金ではありますが、金のキラキラとした質感とは異なります。

この落ち着いた質感を得意とするのはパーソナルカラータイプはオータムさん。

 

他のシーズンの方は使えないか?というとそんなことはありません。

使う量、合わせるパーツによっては幅広くお使いいただけます。

 

 

DSC_1503_01_shima


 

 

こんな風に明るいイエローベース色のヴィンテージビーズを沢山使えばスプリングさんにとってもお似合い♪

このあたりのご相談に乗りながらのデザイン・アクセサリー選びは得意としております。

オーダーメイドだけでなく、イベントや個展など対面販売の際にも是非ご相談ください。

 

 

真鍮の輝きを取り戻すには?

 

メッキが施されていない真鍮生地のパーツの良いところは、時間が経ち渋みが出た真鍮に新品のときのような輝きを取り戻すことができるところです。

なぜなら変色の原因は酸化・硫化などの科学変化ですから。

還元する科学変化を施してあげれば元に戻るというわけです。

高校化学の内容ですね。

懐かしすぎてさっぱり忘れてしまいましたが元に戻れば問題ありません☆

 

  • 専用のクリーム・クロスなどで磨く

この方法はクリームがチェーンの穴や細かい部分に入り込んで取れなくなったり、細かい部分にクロスが届かず手間の割には効果が得にくいです。

クロスで大きな面積だけ輝かせてあえてムラをつけ、雰囲気を出すという方には良いですが、基本的に繊細なデザインのアクセサリーには不向き。

 

 

DSC_rose2


 

 

こんなアクセサリーにクリームをつけて磨くとか…

想像するだけで面倒くさいですね。

 

 

  • お酢につける

この方法は瞬時に細部まで届き簡単に輝きを取り戻せます。

その後しっかり水洗い→拭き取り→乾燥をお忘れなく!

真鍮は特に水分が苦手です。緑青が出てしまいますよ。

 

ただ、この方法にも欠点があります。

それは何度も繰り返すと真鍮の色が赤っぽく変化して元に戻らなくなってしまうということ。

酸による生地の劣化が原因です。

私物の真鍮アクセサリーがこうなってしまって非常に悲しかったです。

 

そこで探した真鍮を劣化させず輝きを取り戻す液体を見つけました!

企業秘密のため名前は伏せますが(大した秘密じゃないですけどね)大容量での販売ですし、使用の際コツもいるのでお客様が個人で導入するのはハードルが高いかと思います。

当方でお買上げいただいた真鍮アクセサリーでしたらお送りいただければこちらを使って変色を元に戻すサービスもございます。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

 

【金属の変色リスク対策】

 

それでは自宅でできるケアはないの?

そんなことはありません。

使用後乾いた布でしっかり拭いてやり、ジッパー付きの袋に入れて保管するだけでも全然違います。

真鍮に出る困り物、緑青の発生を防ぐこともできます。

 

 

真鍮を選ぶ上で知っておきたいのメリット&デメリット

 

これまでお話したことも含まれますが、メリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

メリット

  • 深い色合い、輝きに重厚感がある
  • 手入れをすることで長い期間楽しむことができる。
  • 時間とともに変化する色や質感に愛着がわく
  • メッキと違い、何度でも輝きを取り戻すことができる。
  • いろいろなデザインのパーツがあり、個性を出しやすい

 

デメリット

  • 手入れの手間がかかる
  • 水分を嫌う
  • 緑青がでると有害でないものの、肌や衣類に色が移ることもある。

 

 

特性を知ることで使いこなせるようになります

 

いかがでしたか?

どんなものにもメリット・デメリットはあります。

それらを知ることで上手に取り入れられればいいですね。

 

例えば水分に弱く、緑青が出てしまうデメリット。

知っていれば汗をかく季節は直接身につけるようなアイテムは避け、肌に触れる部分が違う素材のピアス・イヤリングやブローチを楽しむことが可能です。

どうやったらもっとアクセサリーを楽しめるか考えるのもいいと思います。

面倒くさい方は私からいろいろご提案したいと思いますので是非このブログをチェックしてください♪

 

ポジティブエッジがつくる真鍮アクセサリーはこんな感じ。

(下のバナーをクリックするとウェブショップの真鍮カテゴリーに飛びます)

 

button_mbrass


 

 

真鍮の質感と国内外のヴィンテージビーズの相性がいいので組み合わせて使うことが多いです。

ブーケの様にまとめたデザイン、ご好評いただいています。

ストックはあるのにアップが追いついておらず、すみません…m(_ _)m

 

 

アクセサリーが楽しくなるご提案、これからも発信し続けたいと思います。

最後まで読んで下さってありがとう!

 

パーティなアクセサリーでエレガント&ゴージャスに!夏目紘華でした。