あなたが好きなことは、大切な人に「やめろ!」

と怒鳴られてもやり続けたいことですか?

好きなことをやり続けるためには

「それって本気なの?」と試される日々に

勝ち続けなければいけません。

 

親の庇護の元で暮らすしかない貧しい子供が

それでも自分のやりたいこと(バレエ)を貫く舞台

「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー」

を観てきました。

 

 

写真 2017-11-03 13 37 50

 

 

この舞台の素晴らしさは、著名無名関わらず

いろんな人が書かれていますので

私は私が受け取ったメッセージについて書いてみたいと思います。

それが「好きなことの本気度」

 

 

若かりし頃、自分を貫けなかったことを後悔しています

そうでなかった人には「は?」と

思われるかもしれませんが、若い頃は

どこでバイトをするか?

どこの大学を受けるか?

全て親の言いなりになっていました。

 

厳密に言うと、最終的には自分で決めたことですが

親の反対意見に負けたり、親が喜ぶ方を選んできたんです。

 

もし厳しい門限がなかったら。

ひとり暮らしをしていたら。

そんな駄々っ子のような後悔を、今でもしています。

制限をかけたのは親だけど

それに従うかどうかを決めるのは自分。

そんなことはとうに分かっているのですが

たまに頭に浮かぶ苦い思い出です。

 

 

もっと情熱をぶつけることはできたはず。

飛び出すことだってできたはず。

あの時の自分なりの精一杯もわかるけど

この舞台を観て

「本気じゃなかったから、そんな自分が招いた結果」

だと納得しました。

 

 

「好きなことを仕事に」本気度を試される日々

遅ればせながら親に反発することを覚え、

やりたいことを貫くことを覚えて大人になり。

今は好きなことを仕事にしています。

 

仕事って、どんなものでも日々本気度を試されますよね。

どんな気持ちで取り組んでいるか?

仕事内容を見ればすぐに分かってしまう。

そして誰よりも自分自身が自分の本気度を

日々見つめているから逃げられない。

 

 

写真 2017-11-03 15 30 37


 

 

自分に言い訳することほど

しんどいことってないなって最近思うんです。

誰が何と言おうと、自分が自分を認めてあげられなきゃ。

それは好き勝手していいってことじゃなくて

自分が本当にしたいことに本気で取り組めているかどうか?

その一点だな、と思うんです。

 

ビリーのお母さんも言ってました。

「いつも心のままに」

人は関係ない。自分の心がやりたいことを

本気で取り組んで初めて周りが応援してくれる。

 

私には本気でやりたいことがある。

それってとっても幸せなこと。

だったらやるしかない。

あなたは本気で取り組める好きなこと、ありますか?

 

 

パーティーなアクセサリーでエレガント&ゴージャスに

ポジティブエッジの夏目紘華でした。

初個展、来春開催

2018年3月20日(火)~24日(土)

場所:雑貨店カナリヤ

〒530-0047 大阪市北区西天満4-5-2 老松ビル2F 201室
tel/fax 06-6363-7188
URL www.zakkaten-kanariya.com

  大人の女性のためのパーティーアクセサリー

ショップバナー


>>>ポジティブエッジのウェブショップ

すでにsold outのものも、材料が揃えば再度お作りすることも可能です。気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。

>>>お問い合わせフォーム

  あなたのためだけにアクセサリーをデザイン・制作しています。

現在オーダー受付中です。今ならお渡しは11月中になります。

上質な素材を使っていますしきっとご満足いただけると思います。

>>>オーダーメイドについて詳しくはこちら

>>>これまでのオーダーメイド作品ご感想まとめ

>>>オーダーメイドお申込みフォーム

  オーダーの前に似合うものを知りたい方には、パーソナルスタイリストとしてコンサルティングも承っております。

>>>パーソナルコンサルについて詳しくはこちら

>>>パーソナルコンサルお申込みフォーム

 スタイリングやアクセサリーを更新しています。

instagram_posiedge


>>>ポジティブエッジのinstagram

27/1000