「パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。」

インターネットショッピングをしていてよく目にする文章だと思います。

 

まぁ、それはそうだろう、とは思っていたのですが

以前書いた記事「パーソナルカラーウィンターが苦手なブラウンの秋ネイル」

PCで書いたものをiPhoneでみたら全然色が違う!!

モニターの設定による色の違いを肌で感じた瞬間でした。

 

 

実物の色があなたに届くまでにこんなにもフィルターが!

 

商品の実際の色を、あなたの使っているパソコンやスマホ、携帯などで見るまでにはいろんな過程を経ています。

1.商品撮影

この時のカメラの色の設定(ホワイトバランスや各種フィルター)によって色が変わるのはもちろん、撮影している場所の照明の色も商品にのります。

もちろん照明の色を考慮してカメラの色の設定をするんですけど、撮影の際には2つの要素が色に関係してくるということです。

 

2.画像編集

撮った写真をパソコンなんかで編集します。

その時使っているパソコンのモニターの色の設定によっては、先程カメラのモニターでチェックしていた色と変わってしまっているはず。

それを自分の感覚に従って画像の色調整をするんだから、実物に近づくこともあれば、大きく遠ざかってしまうことも。

ここで商品を提供する側は、できるだけ実物と同じ色になるように努力するわけです。

 

3.見る人側のモニターの設定

編集した商品画像をウェブ上にアップしたら、あなたのモニターに届くわけですが、そのモニターの色設定は送り手のそれと違って当たり前。

 

satsuei


 

 

こんな風に沢山のフィルターがかかって商品の画像をお届けするわけですから、あなたと私の見る色を一緒にする方が難しいのかもしれません。

 

 

そこでモニターの色設定をしてみた。

 

とりあえず、自分のPCとスマホで色の出方が違うのは気持ち悪い!

PCの色の設定をしてみよう。と思いたちググってみました。

そこで見つけたのがcalibrizeという無料ソフト。

ディスプレイのカラー調整や明るさ、コントラストを調整できる無料ソフトです。

 

 

Calibrize11


 

 

ソフトをダウンロードして立ち上げると、画面の指示に従って自分の目で「このくらい」と設定する仕組みでした。

もう、この段階で「ん?これであってる?このくらい?」と迷いまくり。

かなり時間をかけて設定して得たのは眼精疲労だけでした。目がチカチカする。それなのにiPhoneの色とは全然違うまま。なんなら前の方がまだよかった位(涙)

 

ここに関しては「こうやって調整したらいいよ」という名案をお持ちの方がいたら教えていただきたい!

モニターキャリブレーションに詳しい方お願いします。

 

目をチカチカさせながら思いました。

「もし、私がそれなりに設定できたとしても、受信側も相当個性的な設定になっている可能性があるぞ。」

もう、泥沼にどっぷりハマってしまいました。

 

 

パーソナルスタイリスト仲間に相談してみました。

 

そんなことを考えている時に、ちょうど会う機会があったので、同じ「色」を扱うパーソナルスタイリスト仲間に相談してみました。

彼女はテキスタイルなどのデザイナーもしている、日常的に色を仕事で使っている人。

その友人曰く、「モニターで見ている色を紙に出したら全然違って焦ることも多いよ。」

 

ああ。普段私が仕事でプリントアウトする機会がほとんどないので抜けていました。

そうですよね。さらにプリンターの色の出方にも個性があるんですよね。

さらに悩みが増えちゃった(笑)

 

その会で出た結論は、「正しい色を指定したい時はカラーコードで指定するしかないね」ということ。

これって色を扱うお仕事ではごくごく当たり前のことですね。

印刷の色指定の際にCMYKを使う、なんてことは現場にいる方はもちろん、色彩検定など色の勉強をしていたら直ぐに出てくることです。

ただ実際には、商品画像を見たりブログを読んだりするだけなら、ウェブ上にカラーコードが記載されていたところで誰も確認なんか取りません。

だから「パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。」と記載するしかないわけですね。

 

 

o0500033212530004105


 

 

そこで、私が思ったのは、パーソナルカラーに沿った話をする時はできるだけ「モニターの設定で左右されなさそうなわかりやすい色を使うようにする」ということ。

ほんの少しの色の違いでシーズンが変わってしまうのです。

例えば私がスプリングの色のつもりで塗った色が青っぽく映ってサマーの色になってしまったり。

スプリングの中でも色調整によって誤差が出たとしても、それでもスプリングといえるような、スプリングど真ん中の色を使う。これも予防策の一つかと考えたわけです。

 

それでも、自分のモニターの色設定に関してはまだまだ研究が必要です。

おすすめの調整方法見つけたら報告しますね。

 

パーティなアクセサリーでエレガント&ゴージャスに

ポジティブエッジの夏目紘華でした。

 

 

  大人の女性のためのパーティなアクセサリー

ショップバナー


 

>>>ポジティブエッジのウェブショップ

 

すでにsold outのものも、材料が揃えば再度お作りすることも可能です。気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。

>>>お問い合わせフォーム

 

  あなたのためだけにアクセサリーをデザイン・制作しています。

>>>オーダーメイドについて詳しくはこちら

>>>これまでのオーダーメイド作品ご感想まとめ

>>>オーダーメイドお申込みフォーム

 

  オーダーの前に似合うものを知りたい方には、パーソナルスタイリストとしてコンサルティングも承っております。

>>>パーソナルコンサルについて詳しくはこちら

>>>パーソナルコンサルお申込みフォーム

 

 スタイリングやアクセサリーを更新しています。

instagram_posiedge


>>>ポジティブエッジのinstagram