子供が三才になるまでは母が育児に専念すべき。

そうでなければ子供の発育に悪影響が出るという

いわゆる三歳児神話。

まだまだ結論が出ていない議題だとは思いますが

私はすでに専念していない立場にいます。

 

私が働かなければ家計が成り立たないわけではないのに

自分がやりたい仕事をしていますし

息子を保育園に預けていますから。

 

そのことに対して私は罪悪感を感じてはいませんが

1歳4ヶ月になる息子が

私の仕事場で彼なりに気を使っただろう

という姿を目の当たりにしても

 

「これでいい」と思った理由をお話したいと思います。

 

 

ママと一緒に帰りたい。だけどバイバイする。

先日の個展の会期中

夫が息子を連れてきてくれました。

帰り際、夫に抱っこされながら

私をじっと見つめる息子。

 

「あれ?ママは一緒に帰らないの?」と

少し寂しそうな顔で考えたあと

自分からバイバイと手を振りました。

彼なりに状況を理解してくれたんだと思います。

 

 

 

IMG_3891


(画像は個展最終日、パパと公園でピクニックしたんですって。その様子です。)

 

 

このエピソードを聞いてあなたはどう感じましたか?

私は一瞬

「私のやりたいことのために我慢させて可哀想かな」

って思ったんです。

でもそれは違うなってすぐに思い直しました。

可哀想という同情は、自分の気持ちを

投影しただけに過ぎないんじゃないか?と。

 

息子は小さな頃から保育所に通っていて

別れ際泣いたこともほとんどありません。

むしろ早くお友達や先生と

遊びたそうにすることが多いです。

もちろん私のことは大好きですが

思っているより、私以外の世界でも

たくましく生きているようなんです。

 

そんな彼が我慢しているか、寂しい思いをしているか

本人にしかわからない部分はあるけれど

少なくとも一番側にいる私から見て

可能性としては高くないと観察しています。

 

それに母子分離は早めから、が我が家の方針で

小さな頃からいろんな人や世界と接することは

息子にとってきっと財産になるとも考えています。

だから私のこの仕事に対する姿勢を見てもらったり

感じ取ってもらうことが

その一翼を担うことになればいいな、と。

 

もちろん、息子との時間は大切です。

でもそこも埋め合わせをするような過ごし方にはしたくない。

それって罪悪感からの行動ですから。

どんな時もペースを乱すことなく愛情をかける。

それが子供にとって一番安心することじゃないかな。

四六時中一緒じゃないからダメなんて

私は思いません。

どんな時も変わらず同じようにに愛しているよ。

そうありたいと思っています。

 

 

感情をフラットに保つって難しいんですけどね!

むしろ苦手な方なんですけど

信念を持ちつつ、夫と相談して柔軟に変えていきつつ

できるだけ全員が幸せだと感じる家庭にするために

取り組んでいることです。

 

 

パーティーなアクセサリーでエレガント&ゴージャスに

ポジティブエッジの夏目紘華でした。

 

  大人の女性のためのパーティーアクセサリー

ショップバナー


>>>ポジティブエッジのウェブショップ

すでにsold outのものも、材料が揃えば再度お作りすることも可能です。気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。

>>>お問い合わせフォーム

  あなたのためだけにアクセサリーをデザイン・制作しています。

現在オーダー受付中です。今ならお渡しは4月中になります。

上質な素材を使っていますしきっとご満足いただけると思います。

>>>オーダーメイドについて詳しくはこちら

>>>これまでのオーダーメイド作品ご感想まとめ

>>>オーダーメイドお申込みフォーム

  オーダーの前に似合うものを知りたい方には、パーソナルスタイリストとしてコンサルティングも承っております。

>>>パーソナルコンサルについて詳しくはこちら

>>>パーソナルコンサルお申込みフォーム

 

 スタイリングやアクセサリーを更新しています。

instagram_posiedge


>>>ポジティブエッジのinstagram

168/1000