アクセサリーが与える印象のベースとなる地金。

あなたをより魅力的にみせてくれるアクセサリー・ジュエリー選びの際、一番に考えていただきたいポイントなのでこのパーソナルスタイリスト視点で書くアクセサリーエッセイでは一番最初にとりあげています。

 

第一回「ゴールドの女 プラチナの女

では、あなたが持つ色味(詳しく言うと肌・髪・目の色)によってイエローベースの人は金色、ブルーベースの人は銀色が似合うという二元論のお話をしました。

 

第二回「ゴールドの女にも似合わないゴールドがある

では、あなたが持つ艶感(肌・髪の艶や目の輝き)と似合う素材の質感がリンクし、キラキラタイプとマットタイプに分かれるという二元論のお話。第一回の二元論と合わせると4つのパターンに分かれるというお話をしました。

 

え?そうだっけ?

まだ読んでないよー、という方は是非リンクより順番に読んでみて下さいね。

順番通り読むと理解しやすいように書いてます。

 

 

 

似合う地金とパーソナルカラーの関係

 

第二回で書いた4つのパターン。再掲しますね。

 

    ゴールドの女     プラチナの女  
  キラキラタイプ   1 3
  マットタイプ   2 4

 

  1. ゴールドの女キラキラタイプ
  2. ゴールドの女マットタイプ
  3. プラチナの女キラキラタイプ
  4. プラチナの女マットタイプ

 

それぞれのタイプごとに似合う地金の種類が違うというお話と、どんな地金が似合うかのご紹介を前回しました。

実はこの表、ほぼほぼパーソナルカラーに対応しています。

 

 

    イエローベース    ブルーベース  
  キラキラタイプ   スプリング ウィンター
  マットタイプ   サマー オータム

 

つまり

  • スプリングタイプ は ゴールドの女キラキラタイプ  
  • オータムタイプ は ゴールドの女マットタイプ 
  • ウィンタータイプ は プラチナの女キラキラタイプ
  • サマータイプ は プラチナの女マットタイプ

であるということ。

 

何度もいいますが、ニアリーイコールのお話です。完全一致ではございません。

その理由は前回もいいましたが似合うデザインタイプや骨格タイプによって幅が広がるからです。

マットタイプであってもゴージャスなデザインが似合うデザインタイプ・骨格タイプの方はキラキラもいけちゃうことが多いです。逆もまた然り。キラキラタイプであってもナチュラルなデザインが似合うデザインタイプ・骨格タイプの方はマットもいけちゃう方、多いです。

要するに、パーソナルカラーで似合う地金は決まるけれど、デザインタイプ・骨格タイプによっては幅が広がる可能性がある。ということです。似合う地金からパーソナルカラーが決まる、という逆方向は成立しませんのでお間違いのなきよう♪

 

 

巷に流れる「パーソナルカラータイプ別似合うアクセサリー」

 

「似合うアクセサリー」とか「アクセサリー パーソナルカラー」なんてキーワードで検索されると沢山パーソナルカラー別似合うアクセサリーに関する記事が出てきます。

これらの記事によく出てくるキーワードがこちら↓

 

スプリングの人はカラフルなものが得意。ゴールドのキラキラ・キュート・キッチュなデザインが似合う。

 例えばこんな感じ?

 

サマーの人は上品なものが得意。パールや繊細なデザインが似合う。

 例えばこんな感じ?

 

オータムの人はシックなデザインが得意。木など自然素材を使ったものやエスニックなデザインが似合う。

  例えばこんな感じ?

ウィンターの人はモダンなデザインが得意。シンプルで存在感のあるデザインが似合う。

  例えばこんな感じ?

 

いかがですか?

確かにこういうのがど真ん中お似合いの方もいる。

でもここまで私のエッセイを読んでくださった皆さんでしたら違和感を感じていただけるのではないでしょうか。

そう、色とデザインは総合して考えないといけないところを一緒くたに書いている記事のなんと多いことよ。

 

 

それだけで決まるわけではない理由

 

巷で言われている

「スプリング = キュート」

「サマー = 上品・知的」

「オータム = シック・エスニック」

「ウィンター = モダン・かっこいい」

などのキーワードは正しいのですが、これは色や配色が与えるイメージに過ぎません

 

キュートな色が似合うからと言ってキュートなデザインが似合うとは限らない。

スプリングでもかっこいいデザイン、シンプルな装いにした方がお似合いになる方は沢山いらっしゃいます。

色のイメージとデザインのイメージを混合して「これが私に似合うアクセサリー」と思い込むと痛い目にあいますよー。

 

アクセサリーに限った話ではありません。

パーソナルカラーだけで似合う服装など決めると似合わないことが多くて「あのパーソナルカラー診断間違ってるんじゃないの?」と不信感を抱き、パーソナルカラーコンサルを渡りあるくカラージプシーになってしまうことも。

似合うアクセサリー道は奥が深いのです。

 

 

今日のまとめ

 

いかがでしたか?

今日は似合う地金の素材がパーソナルカラーと密接な関係にあることと、パーソナルカラーだけでは似合うアクセサリーのデザインまでは語れない、というお話でした。

似合うアクセサリーはいろんな要素を総合的に見て考えます。

今日のところは注意喚起。これからもっともっとアクセサリーが似合うということについてお話していきたいと思います。

 

 

 近日公開関連記事

 

  • 「ピンクゴールドは肌なじみがよい」は嘘
  • パーソナルカラー理論
  • ゴールドの女がプラチナをつけてはいけないの?
  • 金具の色は揃えないとおかしい問題

 

ちまちま下書きに書き溜めてます。お楽しみに。

 

  パーソナルカラーだけではわからない。あなたに似合うアクセサリーの疑問にお答えします。
 
 大阪府吹田市にある当方アトリエにてパーソナルコンサルを承っております。
・パーソナルコンサルについて詳しくはこちら → 
・パーソナルコンサルお申込みフォーム →